魔戒ノ花 パチンコ 評価

魔戒ノ花 パチンコ 評価

「?」 一瞬、何かを感じた気がしたのだが……と、思いながら風音は首をひねった

◎ハイヴァーン公国上空 竜船甲板 夕方「うーん」 先ほどから竜船甲板の床を見ながら唸っているのは風音である

「トイレ?」「ちがーーーう」 横からルイーズのデリカシーのない問いを風音はすぐさま否定する

『母上、我慢はいけません』「違うってば

なんか妙なんだよ」 そうタツオにも抗議する風音の目線の先はやはり竜船の甲板であった

「竜船が何かおかしいの?」「いや、竜船じゃなくて、なんか臭うっぽいんだけど」 自分でもはっきりしないので唸っていたわけだ

「船そのもの……じゃなくて、もしかして貨物室かしら?」 竜船の中の解放されている箇所、基本的には竜船管理局によって警備されているエリアがこの甲板の下にあるはずである

「微妙に黒い感じの何か……かな? 今でも勘違いかなって気もしてるんだけど」 その風音の言葉にルイーズは考え込む

あなたも好きかも:ブラックジャック 好き
(下には色々な荷物もあるし、呪具とかそうしたものに反応したって可能性もあるけど) 風音のスキル『犬の嗅覚』の性能は極めて高い

あなたも好きかも:カジノ bot
それに気にかかってるという事は『直感』が働いている可能性もある

「うーん、それじゃあちょっと調べてみましょうか?」「でも貨物室には入れないよね?」 風音の言葉にルイーズがフフンと笑う

実のところ、風音のコネがあればその程度はどうとでもなるのだが、ここは自分が頼れるお姉さんであるところを見せようとルイーズが立ち上がった

「このお姉さんに任せなさい」 そう言って胸を叩いたルイーズのボインボイーンがボインボイーンとなった

ここまでスゴければさすがの風音もぐぬぬ顔にもなれない