パチンコ 冬のソナタ プレミア

パチンコ 冬のソナタ プレミア

 急成長してきたにもかかわらず、商人部門がここまで安定して運営を行えるのは、そうした魔道具の存在も欠かせない

 クラウンという組織から見れば、コウスケ神は冒険者の神であり、革新的な魔道具を作り出す神なのだ

あなたも好きかも:新 北斗 の 拳 パチスロ
 その幹部の言葉に、シュミットは一度ため息を吐いた

「いつまでもあの方に頼った経営をしてはいけないのでしょうが、あの方が作った物を他にわざわざ譲るのも面白くないですからね」「というよりも、そんなことは考助様は少しも考えたことが無いと思うわよ?」 シュミットのボヤキに、サラーサが真顔で返して来た

 これまで何度も考助と対面して来たシュミットもそのことは分かっている

 例え贔屓だと言われようと、考助はクラウンに開発した魔道具の販売権を渡すだろう

あなたも好きかも:インターカジノ 出金
 相手が神という存在である以上、その関係がいつまで続くかは分からないが、出来ることなら未来永劫続いてほしいと願うシュミットなのであった

あなたも好きかも:スロットマシン アニメ
最後に魔道具に関して触れたのは、次話へのつなぎですw

神能刻印機の更新と転移門の設置について話をしたサラーサが次に話したのは、シルヴィアの息子であるルカについてだった

「ルカ様、ですか?」 とは言え、いきなりルカの名前を出されてもよく意味が分からない者がほとんどだ

 ここにいる者は、商人部門の人間なので、巫女であるシルヴィアとの接点はほとんどないのだ

 ましてや彼女の子供たちは、商人部門と深く関わりがあるわけではない

 なぜこの場でルカの名前が出て来たのかがよくわからなかったのだ

知っている方は知っていると思うけれど、ルカ様は考助様の実の息子です」 サラーサがそう言うと、シュミットへと視線を向けた者が何人かいた