パチンコ 佐久

パチンコ 佐久

 さしもの高度な認識阻害の魔法でも、その魔力だけは匿せず村人たちの注視が剣へと束ねられた

 おそらく

 魔力をまとった剣が宙に浮いた光景で見えている

あなたも好きかも:アロウズ パチンコ
 全員の意識が、剣に注がれた

 その瞬間にタガネが剣を素早く横一閃に払う

「その心配の芽も」「うわぉ」「今、摘んでおいた」 銀光が弧状で道の上を駆けた

 集団の中を音もなく風となって通過する

 すると、大人たちが一斉に道の上に倒れ伏した

「な、何したんスか」「俺とおまえさんに関する記憶を『斬った』」「あ、相変わらず便利な能力っスね」「そうでもねえ

 一歩誤れば全員の胴体がはね飛んでたところだ」「ちょっとォ!?」 タガネは剣を鞘へ叩き込む

あなたも好きかも:年始 スロット
 それから倒れる村人たちの上を跨いで歩いた

 ミシェルも慌てながらも村人たちを飛び越えて進む

「何か罰当たりな感じがするっス」「…………」「どうかしたっスか?」「いや、少し気懸かりがあってな」 タガネは静かに考える

 この村の異常性は理解した

 だが、人の圧死現象は村の内部でのみ

 ここまで秘密の漏洩を防ぐことに余念が無く、外部へ伝達する可能性が少しでもあるなら徹底して潰さんとする彼らの内情が、なぜレギュームの耳にまで及ぶ噂となったのか

 考え続けて

「…………いや、まさかな」「お、何スか」「なんでも無い」「ええ、教えて下さいっス」「あーと、忘れちまった」「嘘下手くそ!」 ミシェルの追及を逃れて、タガネは彼女から、村から出来る限り早足で距離を取ろうと歩いた