パチンコ 景品 煙草

パチンコ 景品 煙草

中から何やら声がする

『よいではないか! よいではないか!』『おやめください! おやめください!』 こ、このシチュエーションは……!『ああっ、あーれー!』 帯をくるくるして、あーれーってやるやつ! まさか本当に見られるとは、ゲーム製作者さん、見事なり! と、そこまで見て満足した俺は、ふすまを勢いよく開け放った

あなたも好きかも:武蔵小山 パチンコ 閉店
『ぬっ!? 何奴!?』 忍び装束に身を包んだ俺の姿に、瞬時に顔を引き締めた悪代官は、壁際に飾られた刀を取りに向かおうとする

あなたも好きかも:パチンコ 行方不明
 だが、させない

俺は、手裏剣を懐から抜いて悪代官の背中に投げつけた

『ぐわっ!』 手裏剣が当たりのけぞったところを俺は瞬時に近寄り、打刀で斬り伏せた

 すると、視界の中に『任務完了』との文字が表示される

こいつが悪代官で間違いなかったらしい

「さて、残るはこの娘だが……」『ヨシちゃんまさかその子も斬るの?』『悪鬼じゃ! 悪鬼がおる!』『無抵抗の相手を斬るのは……』『むしろ介抱してあげて』「……くっ、俺には、悪代官の被害者である、純真な町娘を斬ることはできない……」 俺はそう言って部屋を立ち去ろうとする

あなたも好きかも:ストック スロット
そのときだ

『チェストー!』「あぶねえ!」 なんと、帯を解かれて襦袢(じゅばん)姿になっていた娘が、短刀を抜いて腰だめに構え、こちらに襲いかかってきたのだ

「なんで、この子が襲いかかってくんの!?」『よくも、よくもこの人を……夫の仇(かたき)!』「悪代官と夫婦なのかよ!」 意外な事実に驚いた俺は、再び突進してきた娘の一撃を危うく食らいそうになる

 なんとか床を転がって回避した俺は、床にうつ伏せに倒れた悪代官にぶつかり止まる