三河安城 パチンコ

三河安城 パチンコ

でも、そんな自分が、厚かましくて恥ずかしくて、見つめられることが解っていながらも、大切な人の顔を見ることが出来ない

それでも、側にいてこの人の役に立ちたいから、口を開いて、言葉にして自分の気持ちを伝える

―――この先の人生にも、私はきっと後悔ばかりをするでしょう

でも、貴方がいて、貴方を思い出して、貴方の名前を心に広げたなら、大丈夫だったから

―――貴方のお嫁さんになれて、貴方の支える人の1人になれたなら、後悔するような事があっても、それを希望にして、私は前を向いて歩いて行けるから

あなたも好きかも:ビクトリーガーデン スロット
恥ずかしさを堪え、顔を上げて気持ちを声に出して、伝える

あなたも好きかも:水前寺 周辺 パチンコ
―――グロリオーサの横で、グロリオーサを手助けするための、居場所を私にください

心の底から、貴方の事を慕っています

"ザッ"っと、土を蹴る音がトレニアに聞こえて、膝まづいている自分の目の前に、同じ様に膝まづいているキリリとした眉を持った"王様"がいた

不意に目の前が暗くなって、自分の胸とグロリオーサの胸の間にダガーの小さな頭がある

トレニアの膝の上に、彼女が預けた武器の荊の鞭が落ちて、逞しい、ダガーを支えていない方の手が、"こし"のあるトレニアの髪事頭を包み込んで、《俺の、お嫁さんになってください、トレニア》そんな心の声と共に、グロリオーサからトレニアに唇を重ねていた

その間で、小さな男の子はきゃきゃとまた笑う

心の声が聞こえる小さな男の子には、"おとうさん"も"おかあさん"も本当に幸せなのが、とても伝わっていたから

あなたも好きかも:スロット 高設定 据え置き
可愛らしい息子の声が響く夕焼けの中で、重ねた唇をゆっくりと離し、グロリオーサは紫の瞳をまっすぐに見つめた

《さあ、今日はあんただけ、"グロリオーサ"を見て、グロリオーサだけの為に、私の時間をあげる》《大丈夫、おかあさんがいなくても、おねえさんがいるからね》過去に、グロリオーサの心を優しくトレニアという人に縛り付けた言葉達を思い出したなら、紫の瞳を持った人は、過去の幼い自分の声に照れ、嬉しさに涙を浮かせて微笑んだ

―――そんな、昔の言葉をまだ覚えててくれたんだ、グロリオーサ

 ―――ああ、だから、俺からもお願いです、俺のお嫁さんになってください、トレニア

《あのトレニアの口にしてくれた言葉達に、グロリオーサ・サンフラワーの心は、本当に助けて貰ったから