パチンコ メトログループ

パチンコ メトログループ

「そういえば……レイとエマの分は無いのか? 俺たちだけが貰うってのも何だかな……」 それは、レイとエマのアクセサリーが無いのかという事だ

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット アプリ 無料
 ライたちの為に買ったと言っていたが、レイたちの分が無ければ何だか悪い気がしているのである

「ああ、一応あるにはあるんだが……別に見せなくてもな……良いんじゃないか?」 エマはライたちに向け、自分のは見せなくても良いと言う

 エマとしては何となく気恥ずかしいのだろう

「ハハ、折角だからレイとエマのも見せてくれよ

俺は気になる」「右に同じ」「同じく……」「私もー♪」 そんなエマに向けてライ、フォンセ、リヤン、キュリテが話す

 レイはエマの方を一瞥し、「良いんじゃないのエマ? ヴァンパイアが花を好きでもおかしくは無いと思うよ?」 レイ自身は花を見せる事へ対し、別に恥ずかしがっていない

あなたも好きかも:5 円 スロット 軍資金
 なので、レイは否定せずにエマを促したのだ

「……そうか

あなたも好きかも:パチンコ ヴァルヴ レイヴ2 保留
まあ、良いか……」 レイに促され、エマは自分の懐《ふところ》に手を入れて一つの花を取り出した

 その花に目をやり、エマは説明するように言葉を続ける

「……因みに私の花はレイが、レイの花は私が選んだ

レイが選んでくれた私の花は"ジンチョウゲ"……という奴だ」 そしてエマは白の花弁を持ち、中心が赤い花を手に持ってライたちに見せる

 ライたちはその花を眺め、それを横目にレイが説明するように話した

「えーと、ジンチョウゲの花言葉は"不死"・"不滅"・"永遠"……まさに不死身な不老不死のエマにピッタリな花言葉なんだ! 他にも"栄光"とかがあるけど、それも含めてエマに似合っているでしょ!」 エマやライたちに向けて嬉々として話すレイ

 実際、血を好むヴァンパイアで、紅い目を持つエマにとっては白と赤を持つ沈丁花《ジンチョウゲ》が似合っている事に違い無い

 それはネックレスの形をしており、エマは首筋にそれを掛けた

「私が選んだレイの花は"デイジー"だ

花言葉は"純潔"・"平和"・"希望"……まあ、レイに合っている言葉だな」 沈丁花《ジンチョウゲ》のネックレスを着けつつ、レイの花を説明するエマ