パチンコ ドキュメンタ

パチンコ ドキュメンタ

あなたも好きかも:ゼロ スロット
しかし、あなたが乗るには少々大きすぎるでしょう

あなたも好きかも:パチスロ 鍵
色々とご不便な点も多いのではのではと思うのですが」 そこで風音は「そういうことかー」と気付いた

「おじさん、うちのヒポ丸くんが欲しいの?」「おっと、察しが宜しいですな」 商人風の男が手揉みをして答える

「ヒポ丸くん、来なさい」 風音の声にヒポ丸くんが風音の前まで歩き出す

「なっ?」 ヒポ丸くんが風音の声で動き出したのに商人風の男が驚いた

 風音は自分の前にまで来たヒポ丸くんの頭をなでるとヒポ丸くんはまるで本物の馬のように気持ちよさそうな動作をする

そのヒポ丸くんに風音は尋ねる

「ヒポ丸くん、ヒポ丸くんはこっちのおじさんのところに行きたい?」 風音のその問いにヒポ丸くんは首を横に振った

その様子を見てさらに驚きの表情を深める商人風の男に風音は向き合い、こう告げる

「だってさ、諦めてくれる?」「は、はあ」 呆気にとられている商人風の男をよそに風音はヒポ丸くんを馬小屋に戻るように指示してジンライとともに宿の中に戻っていった

「良いのか?」「まあ気になるのは仕方ないよね

あんなにカッコいいんだし」 ジンライの問いに風音はそう答える

あなたも好きかも:バイオハザード スロット 評価
「ふむ、確かにな」 ジンライもそれに同意する

あのゴツさはジンライの僅かに残っている少年の心を直撃していた

ちなみに商人がジンライに提示していた金額はヒポ丸くん作成費に丸がふたつ足りなかったりする

商売的に考えれば実物の完成品ならさらに丸が一つ追加されるかもしれない

その金額が書かれたメモをジンライは風音の言葉を聞いて握りつぶすとゴミ箱に捨てた