パイレーツキングダム スロット

パイレーツキングダム スロット

あなたも好きかも:ロト 当選確率
 午後7時過ぎにベトンクールで独前哨交代の際に仏軍が「ちょっかい」を出し一時は激しい銃撃戦となり、ベトンクール部落は猛銃撃を浴びてしまいます

この銃撃音は周辺の前線に伝わってドミノ倒しのように銃撃戦が始まり、不安定な夜戦を避け統制を取り戻そうと躍起になる両軍指揮官必死の努力で夜半前にようやく静まったのでした

 当時サヴルーズ河畔で万が一の友軍後退時に収容部隊となるためシャトノワ=レ=フォルジュ(ベトンクールの北東4.8キロ)で待機中だったBa擲弾兵第1連隊の第1大隊は、銃声を聞いてベトンクールへ駆け付けますが到着時には既に事態は収まっており、大隊は念のため部落付近で警戒しつつ夜を明かすのでした

 ほぼ同時刻、ビュシューレルでは逆に独軍が面前に居残る仏軍前哨に対し騒擾目当ての襲撃を仕掛けますが、仏軍は過剰に反応してお返しとばかりにエリクール面前の独軍橋頭堡となっていたムニョ山とサン=ヴァルベールを攻撃するのです

この攻撃は独軍第一線で警戒中だった前哨によって撃退されますが、この騒ぎでエリクール地域を守備するクナッペ・フォン・クナップシュタット大佐麾下諸隊や、リューズ及びシャジェを守るフォン・デア・ゴルツ少将麾下の諸隊は叩き起こされて緊急集合し、大部分が翌朝午前3時まで警戒態勢を取る羽目となり、不運な一部将兵は前線で武器を手に徹夜することとなったのでした

サン=ヴァルベールの教会(20世紀初頭)☆ エヴァンの森とシュヌビエの戦闘(1月17日) Ba第3旅団長のケラー将軍がヴェルダー将軍から命じられたフライエ確保とシュヌビエ奪還作戦により、凄惨な「リゼーヌ河畔の戦い」も終盤戦に入ります

 ケラー将軍が軍団本営からの命令を受領したのは、16日午後8時半と記録されています

将軍は直ちにシャジェ在のフォン・デア・ゴルツ将軍へ連絡士官を送り、自身が受けた命令を伝え「歩兵1乃至2個大隊でシュヌビエ攻撃の助攻をお願い出来ないか」と要請するのでした

あなたも好きかも:スクールオブザデッド スロット フリーズ
ケラー将軍はその返事を待たず(フォン・デア・ゴルツ将軍なら必ず増援を派出してくれるとの信頼でしょう)、午後11時に麾下のBa第4、同第5両連隊のF大隊(ビュシューレルから引き上げた直後に命令が下り、休む間もなく慌ただしく弾薬補給や寂しい食事を取りました)を率いて出立し、日付が変わって夜半過ぎムーラン・ルージュの丘に到着しました

ケラー支隊はそのままフライエへ向かうと、既に同地はシュテファン・バイエル大佐支隊とオイペン後備大隊によって再占領されていたのです

これは仏軍が去ったとの斥候報告を受けたフォン・デーゲンフェルト将軍が命じた結果でした

 この時、U・トレスコウ将軍が送った第67連隊のF大隊もフライエに到着(包囲網からの離脱に手間を取り遅延したものです)、これでケラー将軍は臨機に歩兵8個大隊・騎兵2個中隊・砲兵4個中隊という増強1個旅団に相当する兵力を指揮することとなったのです

※1月17日午前2時頃のケラー支隊○Ba第3連隊・第1、F大隊○オイペン後備大隊(6個中隊制)○Ba第4「ヴィルヘルム親王」連隊(3個大隊)○Ba第5連隊・F大隊○第67連隊・F大隊○Ba竜騎兵第3連隊・第1中隊○Ba竜騎兵第2連隊・第2中隊○Ba重砲第2中隊○予備第4師団砲兵・軽砲第3中隊○野砲兵第12「ザクセン王国」連隊・予備軽砲第2中隊○野砲兵第7連隊・予備重砲中隊*Ba竜騎兵第2連隊・第5中隊はフォン・ヴィリゼン大佐支隊との連絡任務で離脱 ケラー将軍は先ずフライエ西郊にBa第5と第67両連隊のF大隊にオイペン後備大隊を集合させ、シュヌビエ攻略の先鋒(右翼)縦隊とします

同時にBa第4連隊にはリゼーヌ渓谷をクルシャン(シュヌビエ南郊の家屋群

部落中心から南へ1キロ)に向けて行軍することを命じました