スロット 特殊景品 交換

スロット 特殊景品 交換

上級貴族の文官でローゼマインの意を汲んで、貴族との調整ができる者に心当たりはないか?」 養父様が神官長へと視線を向けると、「ローゼマインの意を汲むのが一番困難だな」と呟きながら視線をさまよわせる

 しばらくの沈黙の後、お父様がポンと手を打った

「……エルヴィーラはどうだ? ローゼマインと上級貴族の間を仲立ちするのが大きな役割となるならば、適任だと思うのだが」「ローゼマインが眠っている間、エルヴィーラは印刷業に多大な興味を示し、率先してハルデンツェルに取り込もうとしていた

他の文官に比べると多少の知識もあるだろう

適任だな」 神官長の賛同する言葉が重なり、養父様が目を輝かせた

「打診してみるか」「自分でも本を作っていたくらいなので、興味のある分野であろうし、子供達も大きくなったので、文官仕事に復帰しても問題なかろう」 皆の意見からお母様に印刷業や製紙業の統括を任せる方向で話が進み始めた

あなたも好きかも:真田 十 勇士 パチスロ
わたしはお母様が優秀な文官なのは知っているので、文官として働いてくれるようになるならば心強いけれど、ある意味、不安だ

 ……お母様に任せたら、印刷業というよりも「神官長の本を作り隊」の活動になりそうなんだけど……まぁ、いいか

 提案したのはお父様で、賛同したのは神官長で、許可を出したのは養父様だ

お母様には存分に腕を振るっていただこう

「ユストクスの性格を考えると、文官見習いの教育については少々不安があるのだが、確かに、君の印刷関係の文官を育てるのに貸せる期間が今しかないな

あなたも好きかも:マルギン パチンコ 不渡り
仕事内容に盛り込んでおこう」 そんな話し合いの結果、わたしは次の土の日に貴族院へと戻ることになった

神官長は神殿に戻って仕事を始めたけれど、わたしは少しでも社交に慣れるため、城に残るように言われている

 ……社交のためって言われても、神官長抜きで貴族との面会はないし、お母様達のお茶会も一段落したみたいなんだけど