ガルパン スロット 黒

ガルパン スロット 黒

だから、とか考える前に私が気付いたことが……いや、気付かざるを得ないことがあった

あなたも好きかも:スロット バタフライ
それは…真っ白過ぎる、ということ

貴族や学のある人特有の『濁り』がなかった

一見純粋に見えるセリアも勿論貴族の必要悪……ある程度の不正を黙認して(しって)いる

それこそ『夢見ている』様な感じで

今なら『ハナの時代』では魔術や魔法等が空想の物だったからと判るけど、当時はそんなこと判らなかっだから唯々不気味、だった

並の貴族よりも教養があるのに、出自不明で常識がない、そんなハナに私が抱いた感情は『恐怖』……もしくは『畏怖』だった

あなたも好きかも:ケージ カジノ
そして私はその恐怖が未知を由来とする物だと決めて……話しかけた

あなたも好きかも:パチスロ オワコン
あの時は大分緊張した

事前に考えてた策が土壇場で消えたりもした

それでそこから私の家……つまりはここに来る事になった

そしてその途中で今となってはお馴染みの『舞踏城(タンゼンシュラウス)』…移動速度(agl)上昇魔術を使った

そして私がハナと会話して…『興味』を抱いた