グラブル カジノ 期待値

グラブル カジノ 期待値

私を一緒に連れてって……」 そして、自らのパーティーが遠ざかっていく中、僕たちに同行を願い出た

 まず、それにティティーが答える

あなたも好きかも:豊川悦司 パチンコ
「む、むむ? それは無理じゃぞ

おぬしら、アイドの手のものじゃろう?」「無茶を言ってるってわかってます

けど、お願いします……

ずっと二人を待ってたんです……

この一年、ずっと……」「え、そう言われても……

のう、かなみん」 深々と丁寧に頭を下げたルージュちゃんに、ティティーは困りながら僕のほうを見た

 僕もティティーと同じ気持ちだ

 先ほど、アイドに心酔する『魔石人間(ジュエルクルス)』たちから、命を命と思わない特攻を受けたばかりだ

あなたも好きかも:パチンコ バキ 潜伏
その仲間と思われる『魔石人間(ジュエルクルス)』のルージュちゃんを同行させては、いつ同じことになるかわかったものではない

 そんな僕たち二人の考えを察してか、ルージュちゃんは話を続ける

「『魔石人間(ジュエルクルス)』たち全員があなた方の敵ってわけじゃありません

私は他のみんなと違って、できれば先生は負けて欲しいって思っています……」 ルージュちゃんは他の『魔石人間(ジュエルクルス)』と違うのはわかっていたが、ここまでとは思わなかった

 アイドが負けるということは、場合によっては死ぬということはわかっているはずだ

「だから、二人を先生のところまで案内させてください