カイジ 悔しい だがこれでいい パチンコ

カイジ 悔しい だがこれでいい パチンコ

 人間の肉と『魔の毒』の結晶を捏ね合わせて、人の手で生まれた人型の何か

 それを生まれながら私は知っていた

あなたも好きかも:パチスロ 不二子 2
 便利なことに、血に知識を刻み付けるという技術のおかげで何の混乱もなかった

本能のように私は起きて、自分を知り、世界を知り、居場所を知り、この薄暗い部屋から出ようとする

あなたも好きかも:探偵オペラ ミルキィホームズ スロット
 ベッドから降りて、ぺたぺたと素足で石畳の上を歩く

 古びた木製の扉を押し開き、下に続く階段を歩き、つい最近増築された部屋に入っていく

 そして、産まれて初めて感じる光――だけれど、私の両目は生まれる前から光に慣れていた

特に問題もなく、階下の部屋に入室した

 先ほどの部屋と違って、清潔な空気に満たされた空間だ

ちょっとした待合室として使われているのか、質素なテーブルと椅子が用意されている

 その部屋で私を待っていた人たちが私の登場に驚きながらも歓迎する

あなたも好きかも:仙台駅前 スロット
「ほ、本当に動いているわ……!」 最初に声を出したのは金髪の成人女性、使徒シス

「動くに決まってる

そういう風にしたらしいからな」 次に声を出したのは茶色い髪の少年、使徒レガシィ

「よかった……

成功したのだな……」 ほっと一息ついているのは白髪(しらが)の老人、使徒ディプラクラ