パチンコ ヴィーナスギャラリー

パチンコ ヴィーナスギャラリー

君のことばかり見ていた

だから知っているんだ」 リノンクレアは、いつだって、どんなときだって、レオンガンドを見ていた

 いまでも脳裏に焼き付いている光景がある

レオンガンドとふたりして転んで怪我をしたとき、先に進んでいた彼女が最初に駆け寄ったのはレオンガンドだった

それはレオンガンドが実の兄だからで、それ以上の理由はないのかもしれない

だが、そのとき確かに、ハルベルクは、リノンクレアの中での優先度の違いに気づいたのだ

そしてそのとき以来、ハルベルクはリノンクレアが自分に向ける目と、レオンガンドに向ける目がの明らかな差異を認識するようになった

勘違いではない

あなたも好きかも:パチンコ 500分の1 設置店
妄想ではない

明確な差

あなたも好きかも:おすすめ スロット 台
愛情の差

リノンクレアにとってレオンガンドは実の兄であり、“うつけ”を演じるようになるまでのレオンガンドは、紛れもなく天才児と呼ばれてもおかしくないほどの子供だった

あなたも好きかも:パチンコ 乱数調整とは
名君の血を引いているのがだれの目にもわかるほどだ

リノンクレアが子供心ながらにそんなレオンガンドを尊敬するのもわからないではなかったし、むしろ当然のことのように思える

いまならば、彼女がレオンガンドとハルベルクの扱いに差をつけていたのにも、納得しよう

だが、その当時、まだ年端もいかぬ子供に過ぎなかったハルベルクには、衝撃的に過ぎたのだ

 無論、そのことでレオンガンドを憎んだりはしなかった