ゼロ パチンコ サンセイ柄

ゼロ パチンコ サンセイ柄

あれ……」「はい……何かが居ます……!」「黒い影……何だろう……」「僕達の今追っている影の正体なのはほぼ確定かな……」 少し進み、島の端にて青緑の美しい海を見るような黒い影がモンスターの群れを引き連れている光景が俺達の視界に映った

 大名行列……というより百鬼夜行だな

あなたも好きかも:カジノ マフィア
まだ夕方だけど

 しかしながら明らかにおかしい存在だ

あなたも好きかも:枝幸 パチンコ
“俺達の目的”なのかはさておき、セイヤの言うように“追っていた存在”なのは明白だな

『…………』「「……!」」「「……!」」 ──次の瞬間、影の主が俺達の存在に気付いた

 いや、まさか

俺達は咄嗟に体勢を低くして茂みに隠れる

あなたも好きかも:シンフォギア2 パチンコ 曲
と言っても出していたのは視界を確保する為に頭くらいだ

 他のモンスターにはバレても良いという考えで進んでいたけど、ここに来てからは息を潜めて物音も立てず確かに気配を消していた

 しかも距離は五〇〇メートルは離れているぞ……

他のモンスター達も変わらず大勢居る

その距離で気付くなんて……!「き、気付かれてしまったのでしょうか……」「可能性はあるな……

もしそうだとしたら気配察知性能がかなり高いぞ……」 ヒソヒソ声で俺に話すユメ

俺も頷いて返した

 もうバレているなら小声で話しても意味無いが、一応念の為に声量の調整はしている