re ゼロ スロット アプリ

re ゼロ スロット アプリ

ドワーフでも神の火持ちでもなければ無理だろうに」 そんなことをブツブツいいながらアイキスはそのトンファーをしげしげと眺めている

「そんじゃあ私にこれに合うパーツを作れって言うんだね?」「うん、そういうこと」「さすがに立て続けにこんな伝説級のモノを持ってこられて断るようなら鍛冶師じゃないし、別に引き受けるけどね

ただ、こいつに合う素材っていったら相当なものじゃないと釣り合わないと思うがね」 アイキスの言葉に風音は、少し考えた後、こう口にした

「うーん、この工房って銀素材って大量にあるかな?」 風音の言葉にアイキスは首を傾げる

あなたも好きかも:春一番 パチンコ 199
「あるにはあるが、ミスリル銀か白銀辺りの方が良いんじゃないのか」 ミスリル銀は硬質で魔力の通りやすい上位素材、白銀はその素材としてのクォリティは銀と近いが魔力を通しやすい

対して銀はアンデッドなどに対する聖属性を持っているが、汎用性に欠けている素材だ

あなたも好きかも:パチンコ 国営ギャンブル
「いや、ちょっと試したいことがあってさ」 そう言って風音はウィンドウを開き、スキルリストから『偽銀生成』を選択して見る

(まあ、またずいぶんとお金も入ったし、そろそろコイツも使ってみるかなあ) そう言って風音は笑ったのであった

あなたも好きかも:パチンコ 糸魚川 爆サイ
名前:由比浜 風音職業:魔法剣士称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王装備:杖『白炎』・両手剣『黒牙』・ドラグホーントンファー(未完成)×2・竜鱗の胸当て・ドラグガントレット・銀羊の服・シルフィンスカート・プラズマパンツ・竜喰らいし鬼王の脚甲・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・蓄魔器・白蓄魔器・虹のネックレス・虹竜の指輪レベル:33体力:135魔力:260+420筋力:57+20俊敏力:52+14持久力:33知力:65器用さ:41スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』スキル:『キックの悪魔』『戦士の記憶』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv3』『突進』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv2』『光学迷彩』『吸血剣』『ダッシュ』『竜体化:Lv2[竜系統]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv2』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『偽りの威圧』『ストーンミノタウロス』『メガビーム:Lv2』『空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』弓花「ああ、追加だけされて話にも上がんなかったスキルだわ」風音「コボルトの逸話に銀を偽物の銀に変えるってのがあるらしいよ

実際にはそれってコバルトらしいんだけど」弓花「そんじゃあコバルトが出来るわけ?」風音「いや、ゼクシアハーツでは銀に付与されている神聖の属性を抜いたものが偽銀って扱いらしいんだよね」

◎ドルムーの街 オードナルホテル 風音と直樹とタツオが宿に戻ると、ジンライたちが難しい顔をして待っていた

シュライン魔法武具工房に寄った風音たちとは別に、ジンライたちは魔狼討伐の参加のために冒険者ギルドに立ち寄ることになっていたのだが、どうやらあまり芳しくない状況のようだった

「んー想像以上っぽい?」「そのようだな」 風音の問いにジンライがそう返す

そして冒険者ギルドで聞いた話をジンライは風音に告げ始めた

 まず、ジンライの話に寄れば、魔狼討伐の依頼は未だ継続中なので、風音たちが参加する事については特に問題がないとのことだった