パチンコ ライター 追っかけ

パチンコ ライター 追っかけ

それで、なにか話すようなことでもあるのかの?」『んー

あなたも好きかも:天皇 パチンコ店
いいや、いまは特にないかな? 単に、シュレインと世間話をしたかっただけ』 いくらなんでもそれは軽すぎないかと抗議しようとしたシュレインだったが、そもそもシルヴィアや考助が普段行っている交神のことを思い出して、それは止めておいた

 彼らは彼らで、まさしく世間話と言っていいような気軽さで、交神を行っている

あなたも好きかも:ハーデス2 パチンコ 曲
 それも相手が三大神というのだから、それよりも格下になるクラーラに言っても意味がないと考えたのだ

「世間話・・・・・・といっても、神を相手にするような話はなにもないと思うがの?」 完全に普段の調子になったシュレインは、ベッドの上で寝転びながら疑問の声を上げた

 別にいまの言葉は突き放すつもりではなく、本当の意味でなにを話していいのかわからなかったのだ

『だから神というのが固いのよ

あなたも好きかも:パチンコ ケンシロウ 声優
普段あなたが考助たちと話しているようなことを話したいわけ』「普段といっても、ほとんどが塔の管理に関することじゃが?」『はあー、もう

固いわねえ

・・・・・・まあ、とりあえずとっかかりとしてはそれでもいいからお話しましょう』 呆れたような口調で言ってきたクラーラに、シュレインは固いと言われてもと思いつつ、まずはヴァンパイアの里についての話を始めた

  シュレインにとっては意外だったことに、クラーラが聞き上手だったため、交神は小一時間ほど続いた

 終わってみれば、それこそシルヴィアたちと同じように長い間付き合ってきたような感覚で話をしていたのだ

 しかも、どちらかといえば、年上のお姉さんを相手に話をしているような感じで、交神を終えたシュレインはいままで感じたことのないような満足感を得ていた

 交神を終えたシュレインは、自分自身は満足したがクラーラはどうだったのかと気になったが、すでに交神は切っている

 今更繋ぎ直すのもどうかともやもやしていたのだが、すぐに「またお話しましょうね」という神託がきた