ケロロ スロット あの頃

ケロロ スロット あの頃

「ひとまずは、寄り道せずに戻ってきたようだな」 表情に感情の動きが見られないが、その口調はどこか安堵しているようだった

 ようやく風音たち白き一団も本腰を入れてダンジョンの探索に挑んでいるし、他のパーティも彼らに続いて攻略を進めているのだ

もう遅れるのはごめんだとカルラ王は考えていた

 カルラ王がこの地で再生をされてもう半年ほどは経つ

ダンジョンマスターとしてはまだそう長い時を過ごしているわけではないが、現時点においてもカルラ王はこの役割にウンザリしていた

あなたも好きかも:新宿 スロット イベント 激アツ
元より彼は王だったのだから、こうした中間管理職のような役回りに適しているわけではないのだ

(ジドウイベントサクセイシステムとか言ったか

まったく、神というのは好き勝手してくれる) ダンジョンマスターとしての知識により、カルラ王は己がジドウイベントサクセイシステムというものによって選ばれて再生されたことを知っている

あなたも好きかも:スロット テーブル制御
 神竜帝ナーガ、天帝の塔の主ユキトに加え、アスラ・カザネリアンという存在が出現したことで、システムがワードが揃ったと判断し、カルラ王を始めとする残り五体の魔物が各地のいずれかの場所に出現したのである

あなたも好きかも:9の付く日 スロット 愛知
そうなる意味も、何を基準に選ばれた五体なのかもカルラ王には理解できないが、ともあれカルラ王が出現したのはそうした事情によるものだった

(まあ、いい

どうであれ、やることは変わらん

そのためにも……) 今のカルラ王には目的がある

ダンジョンマスターとして探索者に殺される運命を覆すためにどう動くべきか……それを思いながらカルラ王は床一面に広がる、空間に開いた穴の中を眺める

そこはカルラ王には想像も付かないような世界が広がっていた