伊勢崎 パチンコ おすすめ

伊勢崎 パチンコ おすすめ

カンテラを手に、城内から静かに出てきた魔族のメイドが「タジマ様、どのような、ご用件でしょうか?」「んとねー、私とお父しゃん……じゃなくて タジマ・タカユキが、セイさんに会いに来ましたよー」と隣の俺を指さすと、俺の顔を確認したメイドは一瞬カンテラを落としかけて「しっ、失礼しました

す、少しお待ちください」すぐに城内へと駆けて行った

しばらく三人で暗くなった野外で待っていると「タジマ様!お久しぶりでございます!」嬉しそうな声が城内から聞こえてきてカンテラを持った二人のメイドを引き連れた誰だっけ……えっと確か、この城のメイド長だったかな……の眼鏡をかけたアガタが自身もカンテラを携えて、小走りで出てきた

「ずっと、待ち焦がれておりました!」アガタは救われたような雰囲気で、俺の手を取る

ナンスナーは俺の身体をよじ登りナーニャの肩に飛び乗って「あーこれは不倫の気配がするぞー浮気だなー」ニヤニヤと娘に言って「ち、違うよ

お父しゃんは、そんなしないよ!」ナーニャは顔を真っ赤にして反論している

俺はアガタの行動の意味がすぐに分かった

あなたも好きかも:ガルパン スロット 豊橋
「帰ってきたセイで、ご苦労されたんですね……」人からの話によると、何年も引きこもっているはずだ

逆らえないメイドたちをこき使って、ずっと我がまま放題だろう

アガタは首を横に振り「いえ、だったら良かったのですが……とにかく中へ……」俺たちを城内へと入れる

「あー久しぶりだなー

四ラグヌス(年)前に お父しゃんと来たんだよなー」ナーニャは荘厳で重厚な雰囲気の城内を懐かしそうに見回す