プレミオ スロット

プレミオ スロット

 案の定、絶叫しながら放ったアリーシャの一撃は鮮血の魔女に命中することはなく、そのまま星空の中へと飛んで行ってしまった

 弾丸が掠めたせいで抉れてしまった皮膚が再生を終え、あらわになっていた血まみれの奥歯をすぐに書くしてしまう

激痛も感じなくなったが、再生を終えたアリーシャはまたしても違和感を感じた

 銀の弾丸で傷を負わされたにしては、再生が早く済んでしまったのである

あなたも好きかも:小林 パチンコ
 銀の弾丸で撃たれた場合、普通の吸血鬼ならば弾丸で撃たれた人間のように呆気なく死んでしまう

弱点に耐性がある吸血鬼でも、通常の傷を負った場合よりも再生速度が低下してしまうのだ

あなたも好きかも:パワーボム スロット 中古
アリーシャは定期的にブラドから血を与えられていたため、弱点の銀や聖水には耐性がある

それゆえに銀の弾丸を撃ち込まれれば、それなりに再生に時間がかかる筈であった

 しかし、今の再生はやけに早かった

抉れた頬の肉が反対側の肉と結びつき合い、その表面を皮膚が覆い終えたのはたった2秒である

(まさか………銀の弾丸ではない………?) 銀の弾丸でなければ、傷口は素早く再生させることができる

 おそらくあの魔女がライフルに装填しているのは、銀の弾丸ではなく通常の弾丸なのだろう

吸血鬼に向けて放ったとしてもすぐに傷口が再生してしまうため、それで討伐するのはかなり困難だ

 だが―――――――吸血鬼にも痛覚はある

傷口を瞬時に再生させることができるため、大昔から恐れられているが、吸血鬼たちも剣で斬りつけられる度に激痛を感じていたのだ

(私を苦しめるために………………敢えて通常の弾丸をッ!?) 先ほど彼女ではなく使い魔を真っ先に狙撃したのも、彼女を苦しめるためなのだろう