スロット ボブサップ

スロット ボブサップ

この問題を解決するためドライゼ銃は他の銃に比べて実包の発射火薬の量を少なくして燃焼ガスの圧力を弱めてあり、このため射程が低かったのでした

この欠点を出来るだけ弱めるため、ドライゼは銃身を長くし弾丸の初速を高めることで補おうとしましたが、この長銃身は銃の扱いを難しくしていました

 また、紙で出来た実包の精度も低めで、軍への納入品の10%に不良品(実包の中心線からずれて弾丸が置かれている場合が多くありました)が発生し、更に弾丸が実包から離れず飛んでいってしまう例もあって、これらはとんでも無い方向へ弾丸を飛ばしたり弾丸が直ぐに落ちてしまったりの原因でした

 戦闘中、連発により銃身が熱くなると熱膨張によりボルトのスライドが固く動き辛くなるのも欠点で、これは力任せにボルトを引く動作を誘発し、焦った兵士が手近にあった石やレンガなどでレバーを叩くなど無茶な動作で銃が壊れることがありました

 そして兵士にとって面倒だったのは針銃という名の由来となった「撃針」で、この長い「針」は実包の中程にあった雷管を叩くためのものでしたが、発射薬とその燃焼ガスによって腐食しやすく、交戦中に折れたり曲がったりしたため、一定数の射撃後に必ず交換することが決められていました

あなたも好きかも:釣 パチンコ
兵士は予備の撃針をいつも携行しなくてはならず、交換は交戦中でも発生し、運が悪ければ命取りになる欠点でした

あなたも好きかも:ぱちんこ バジリスク 甘
 しかし、プロシア軍は臆することなくこの銃を使いこなします

あなたも好きかも:スロット バイオハザード イントゥ
前述通りモルトケが参謀総長になった頃にはこの銃は部隊に行き渡り、兵士はこの銃の欠点を熟知し、その優れた速射性を利用した戦術にも慣れ親しんで行きました

 そしてこの銃がこの後、プロシアの勝利に貢献して行くのです

  ドライゼ銃と記念撮影するプロシア兵  (銃の長さが分かります) さて、機構や新技術を取り入れると共に、モルトケは作戦面でも新機軸を打ち出します

それは「内線」よりも「外線」を重視する、と言うものでした

 作戦術には「内線」と「外線」があります