リング バースデイ パチンコ トイレ

リング バースデイ パチンコ トイレ

……それで、手紙で呼び出してみようって思い付いて

あの手紙になったんだ」 携帯電話を下ろし、岡崎は表情をなくしている優樹にためらい気味に笑い掛けた

「いろいろお節介かもしれないけど……、うっとうしいかもしれないけど……、今の仲間たちを信じて、向き合った方がいいよ? それはたぶん、大島さんのためだと思うんだ」 警告じみたことを真顔で告げる岡崎に優樹は眉を動かし、悲しみを滲ませ戸惑い目を泳がせ俯く

 岡崎は間を置いて携帯電話をポケットに入れながら息を吐いた

「みんなに話せないこととかあるならオレが聞くけど……、ただ、オレはみんなの代わりにはなれないしね

あなたも好きかも:オンラインゲーム 売上ランキング
……反町君の代わりにも、なれないしね」 優樹の頭がピクッと震え、それを目で捉えながらも、岡崎は俯いたままで顔を見合わせない彼女に笑い掛けた

あなたも好きかも:ブラック・マミー
「けど、昔を知ってるからさ

……何かの力になれればいいなって、思ったんだ」 淡々としているが、言葉の節々には気遣いが窺われる

 しかし、優樹はそんな彼に対してすがることもなく、むしろ、先程までの親しんだ気配をサッと消し去り、項垂れ首を振った

あなたも好きかも:アイゼン パチンコ 丸亀
「……私は……別に……」 耳に聞こえるか聞こえないかの呟きに、岡崎は間を置いて苦笑した

「何もないなら、それでいいんじゃない?」「……」「どうするかとか、結局それを決めるのは誰かじゃなくて大島さんだからね

何もないなら何もないでいいし

その方が、オレもいいし

部活のみんなだって、同じだと思うよ」 優樹はためらい目を泳がせながらそっと顔を上げる

それでも目を見合わさない彼女に、岡崎は情けなく笑った

「ほら、あの時みたいだって、それ

誰かに迷惑掛けるから嫌だ、っていう