デビルメイクライ スロット 評価

デビルメイクライ スロット 評価

あなたも好きかも:パチンコ アムズ 社長
 魔王が生まれる前の世界に魔物がいようはずもない

 獣による脅威は微々たる物、人の命を脅かす存在は飢えと病、そして立場を同じくする人であった

 今とは違い人々は互いの差異に敏感であり、人と亜人との隔たりは埋めがたいものがあった

 人間達は野蛮な亜人を数により迫害し、亜人達もまた身体的に劣る人間に苦しめられる屈辱を暴力で訴えた

 生まれた互いの衝突は魔王の歴史よりも遥かに多く、その数は誰も数えたことはなかった

あなたも好きかも:コニベット カジノ
 妾の住んでいた村が一夜にして焼き払われ、同胞を皆殺しにされたことも当時ではさほど珍しい話でも無かった

あなたも好きかも:小倉ソープ バカラ
 唯一の生き残りであった妾であったが、その全身は火に焼かれ刃に斬り刻まれ……その命は風前の灯であった

「おや、目覚めたようだね

こんな傷でも意識が覚醒できるなんて、亜人の生命力は素晴らしい」 じゃが死ぬ前に一度だけ目覚めた

 どこの荒ら屋じゃったか、痛みに目を開けると全身は余す所なく包帯を巻かれ、目の前には……ユグラがおったのじゃ

 なりゆきとしては大陸を放浪していたユグラが村を訪れ、辛うじて息のあった妾を発見し治療を試みたと言ったところかの

 しかし妾はユグラの優れた治療の甲斐も無く、助かる見込みは無かった

 治療魔法を施そうにも妾の生命力と魔力は既に尽きかけておったからじゃ

 無念と言った気持ちは無かった

 妾の一族とて無辜の民と言うわけではなかったからの

 人間を襲い殺した者も大勢おった……因果は巡るものだとしみじみしておったの

 自身の死はさして不幸ではない