パチンコ シェア

パチンコ シェア

であれば、どのような祈りがマユラとマユリという、相反する性質を内包する神を生み出したというのか

不思議でならなかった

「それが今回のことに関係があると?」《大いにある》 マユラは、尊大にうなずく

《我が眠っている間に、あれは、汝に接触し、力を貸す約束をしてしまった

おそらくは我の記憶を盗み見て、汝のことを知ったのだろうが……まったく、いくら我のことが気に食わぬとはいえ、意趣返しにも程があろう》 嘆くようなマユラの発言によって、セツナは、マユリがなぜあのとき方舟内にいて、ルウファに率先して力を貸そうとしたのか、その真相がわかった気がした

つまりは、仲の悪い神々の喧嘩に利用されたということだ

あなたも好きかも:スロット 押忍番長a
しかし、それでもマユリに対して悪印象が持てないのは、マユリ神の徳というものだろうか

単純に、マユリ神の善意に満ちた行いが、マユラのそれとは正逆だからというのもあるだろう

また、マユリ神は、ミリュウたちとの交流を子供のように喜ぶという側面があり、それがセツナにも好印象というのもあるかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ 志望動機 主婦
「あんたは、やっぱり俺に力を貸したくなんてないんだな」《当たり前だ》「そうかい」《汝は、我が救うべき最大の存在なのだ

汝を救わねば、我の存在意義は失われ、消滅するほかないほどにな》「そこまで俺を殺したいのかよ」 セツナが呆れ果てるも、マユラは真剣そのものだ

《殺すのではない

救うのだ》「同じことだろ」《違う》「同じだ

俺は死なねえ

滅ぼされねえよ」《……まあ、いい》「よくねえけど」《そこにこだわっておれば、話が進まぬぞ?》 マユラのいうことももっともだ、と、セツナの冷静な部分がいってくるので、彼は肩を竦めた

仕方なくうながす

「……話を進めてくれ」《……うむ》 マユラは、厳かにうなずくと、この荒涼たる大地の静けさと同じくらいの静かさで話を続けた