スロット シオサイ

スロット シオサイ

それに一応宮廷魔術師と元宮廷魔術師だから魔法勝負したいじゃん?そういうことよ

さて、当然あるであろう次の内容はなんじゃろな、っと

ベンノに抱き上げられて、簡易ちゃんリンシャンの工房へと向かう途中、少しばかり言いにくそうにベンノが口を開いた

あなたも好きかも:カンテレ スロット
「なぁ、マイン

あの髪を洗う液のことだが……」「はい?『簡易ちゃんリンシャン』がどうかしました?」「長くて言いにくい

もっと別の言い方はないのか?」 確かに、音の響きだけで意味が全くわからないベンノを初めとしたこの世界の人にとっては、長く感じられるのだろう

 それは、つまり、商品となっても、貴族の方々にはなかなか受け入れてもらいにくい名前だということだ

あなたも好きかも:牡丹と薔薇 パチンコ
「あ~、トゥーリにちょっとふざけて言ったのが、定着しちゃっただけで、別に変えちゃっても問題ないですよ?」「……そうなのか?」 驚いたように目を瞬くベンノに笑って頷いた

 ずっと痒かった頭がスッキリした上に、バサバサだった髪がサラサラになって浮かれていたわたしが、適当に言ったのが始まりだ

特に思い入れはない

あなたも好きかも:ベガ ぱちんこ
好きな名前を付けちゃってください」「しかし、そう言われると、なかなか困るな」 ベンノがむむっと眉を寄せて考え込んだ

 新しい物に名前を付けるのはかなりセンスがいると思う

少しでも助けになるように、と思って、わたしはヒントを出すつもりで、言葉を重ねた

「商品名になっちゃいますからね