パチンコ 依存症 借金

パチンコ 依存症 借金

今度も、そのままの再生で、あるがままの最後の臣下を呼ぶことにした

 もし、ここで平和だった頃の民たちだけを再生し続けたとしても、それが真の平和であると妾は思わないだろう

民たちには魔石(たましい)のあるがままの姿で再生して、魂の底から平和になってもらわないといけない

 重要なのは妾の未練が果たされることなのだから、誰にも記憶を弄れることは教えないつもりだ

 そして、二人目―― 自意識を取り戻し、『ここ』の説明を受けた二人目の臣下は、何よりも先に妾へ叫んだ

「――ァアアア! あそこで! あのとき、あなたが抜けなければヴィアイシアは滅びなかった! 滅びなかったのです、『統べる王(ロード)』様ぁああアアア!!」 糾弾の言葉が妾を待っていた

 おそらく、一人目の臣下は戦いの早期に死んだのだろう

あなたも好きかも:バカラ グラス ペア 価格
だから、冷静だった

 だが、二人目は戦いの終わりまで生き残っていたため、恨みが積もりに積もっていたのだ

あなたも好きかも:テイルズオブデスティニー スロット 解析
「……すまぬ」 謝る他に術はなかった

あなたも好きかも:セイントセイヤ カノン スロット
 正直、渦波に連れられて逃げ出したときから、罪の意識はあった

逃げたことを後悔し続けた

だから王として、贖罪をする準備はできていた

 だが、思いもしない言葉が割り込んでくる

「――待て! 確かに、あのとき『統べる王(ロード)』が戦場から抜けたことで多くの死者は出た! だが、別のところで王は死の間際まで戦ってくれたのだ! それを責めてはならぬ!」 一人目の臣下が庇ったのだ

 それを聞いた二人目は勢いを削がれてしまう

「別の場所で……

しかし、それならばそうと言ってくれていれば、もっと別の結果があったのではないか……」「それができぬ事情があったのだ……

そうですよね、『統べる王(ロード)』?」 どう答えろと言うのだろうか