スロット エマ めんそーれ

スロット エマ めんそーれ

彼はリョハンから龍府まで飛んできたことによる肉体的疲労と精神的消耗、血液の消費なども相俟って、酷くやつれた顔をしていたが、表情そのものはいつものマリクだった

あなたも好きかも:パチスロ fate
「マリクまで……いっとくけど、俺は素直だぞ

いつだってな」「知ってるわよ

あなたも好きかも:パチンコ 勝っ た
素直で不器用で頑固ものよね」 といって、ファリアはなぜだか嬉しそうに笑った

「うるせー」 いいながら、椅子から立ち上がると、頭が軽くなった

ラグナが飛び離れたからだ

彼がセツナの命令もなく飛び離れたのは、彼なりに気を使ってくれたからかもしれない

ラグナには、そういうところがあった

まるで、セツナの気持ちがわかるかのように動いてくれることがあるのだ

 セツナは、ラグナに内心感謝し、あとで遊んであげようと思いながら、ファリアと向き合った

ファリアはマリクとなにか話し合ったあと、レムに荷物を広げさせている

龍府から旅立つときは着替え以外ほとんどなにも持って行かなかったはずだが、龍府に帰ってきた彼女の荷物は数倍に膨れ上がっていた

リョハン土産だったりするのかもしれない