パチスロ エヴァ 生命の鼓動 天井

パチスロ エヴァ 生命の鼓動 天井

代わりにノラの隣を進んで目になり、ナビゲートをしてやることにした

子供に重そうな荷物を持たせて手ぶらで歩く大人とか、本当に絵面が酷い

 研究室が目的地だったようで、扉を開いてやるとそこにはルコとデュヴレオリの姿があった

魔法研究の責任者且つノラの保護者的な立場のルコがいることや、その協力者である『紫』のお使いとして姿を見せるデュヴレオリがいること自体は不思議ではないのだが、この二人が一緒にいるというのはなんというか珍しい

「助かったのだにーちゃん」「礼を言われると悲しくなるってのもなんだかな……」「あれ、お兄さん

トリンから帰ってきたのですか?」「まぁな

今さっきマリトに報告を済ませてきたところだ」 マリトの名前を出した途端、ルコの顔が赤みを増していく

早速からかってやろうと思ったのだが、これは自重してやった方が良さそうだな

「あ、にーちゃん

あなたも好きかも:無料ゲーム スロットマシン
そう言えばルコ様が本当にルコ様になったのだ」「ノラちゃんっ!?」 しかし子供とは容赦がないものである

あなたも好きかも:大都技研 スロット
ならば便乗してやるか……とはいかない

この手の話題は返されると面倒だからだ

「ああ、マリトから話は聞いている

おめでとう

と言ってもその様子だとまだ受け止めきれてない感じか」「うう……

何を言っても陛下が折れてくださらないのです……」「そりゃあルコが他の男と結婚するつもりだとか言わない限りはな」「そ、そんなことはないですけど!?」 そりゃあ自分を好きだって分かっている奴に求婚するんだ、折れる理由がないんだよな

今は王様から求婚されたメイドという立場が混乱を招いているだけだろうし、慣れれば色々と覚悟もできるだろう

「急いで受け入れる必要はないのと一緒で、急いで断る理由もないんだ

じっくり吟味すればいいさ」「は、はい……」 まあ時間が経てば経つほどマリトによって外堀が埋められていくんだけどな