パチンコ フィールズ 娘

パチンコ フィールズ 娘

 なぜだろうか

 僕は二人の騎士なのに、二人の保護者のような感覚で、二人のやらかし具合を心配してしまっている

 たぶん、二人よりも僕のほうが恥ずかしい気がする

あなたも好きかも:スロット 辞める方法
 正直、帰りたくて帰りたくて涙が出そうだ

「本当に!? 言っとくけど、私はすごく面倒くさいよ!? 本当に最後の最後まで好きだって言える!?」「ああ、言える! 何があろうとも最後の最後まで言える自信があるから、『たった一人の運命の人』だって僕は思ってる!!」 というか、本当にちょっと涙が出てきた

あなたも好きかも:韓国 カジノ 島
 とうとう半泣きの僕は二人の告白を遮る

「な、なあ……

本当にこれは僕が聞いてないと駄目なのか……?」 周囲の観客から「二人の邪魔をするな」と言わんばかりの視線と舌打ちが飛んできているような気がするけれど、僕は僕の心の健康のために少しずつ二人から離れながら主張する

「もう僕は必要ないよな……? もうここにいる意味ないよな……? おい……、おい! 動いた分だけ次元魔法で戻すな! 怖いだろ!」 僕が後退りした分、キリストが次元魔法《ディフォルト》で戻すので、ちょっとしたホラー現象が起きていた

 なぜそんなことをするのかとキリストに目を向けると、とても真剣な顔でお願いされてしまう

あなたも好きかも:逆襲のシャア パチンコ ハマり
「お願いだ、ライナー

ここにいてくれ

おまえがいてくれないと不安なんだ

……もし逃げたら、背中に魔法を撃つかも」「必死すぎんだろ!!」 一人で告白するのは不安だから一緒にいてくれとか、あんたは学院で初告白する小心者な女生徒か!? というか、お願いじゃなくて命令だろこれ