パチスロ 織田信奈の野望 天井

パチスロ 織田信奈の野望 天井

 その顔を見て、シルヴィアも安心したように小さくため息をついた

 こういうときの判断は未だにふたりには敵わない

 悔しいという思いもなくはないが、それ以上にふたりに任せておけば大丈夫という安心感があるのも確かだった

「・・・・・・そうですね」 色々な思いを込めてそうつぶやいたシルヴィアは、先ほどのフローリアと同じように持ってきた本を手に取り読み始めた

あなたも好きかも:vrc カジノ
  結局、くつろぎスペースで寝入った考助が起きたのは、夕食直前になってコウヒが身体を揺さぶったときだった

「・・・・・・ん? あれ、コウヒ? どうしたの?」「もうすぐ夕食のお時間です」「えっ!? うそっ!? もう夕食?」 考助としては一時間程度寝てからあとはのんびり本でも読んで過ごそうと思っていたので、まさかそんなに時間が経っているとは思っていなかったのだ

 ちなみに、すぎている時間に驚いた考助が勢いよく上体を起こしていたが、上に乗っていたナナは、あわてず騒がず絨毯の上に着地している

あなたも好きかも:スロット カウンター アプリ おすすめ
 何気なくその様子を見ていたミアが、内心で感心していたことには誰も気づいていなかった

あなたも好きかも:風営法 スロット
 ソファの上で考助は、悔しそうな表情になった

「失敗したなあ

読みたい本があったのに」 折角空いた時間を使って魔法陣関連の本を読むつもりだったのだが、すっかり予定が狂ってしまった

 勿論、何も言わずに寝入ってしまったのは自分なので、周囲を責めるような愚か者ではない考助は、諦めたようにため息をついて首を左右に振った

「まあ、仕方ないか

気持ちよく寝られたし」 特に疲れているという自覚はなかったが、気づかず寝ていたということは、それだけの理由があるのだと思うことにした

 ソファの上で寝ていて固まった体をほぐすようにいろいろと身体を動かしていた考助は、すぐにお腹がなったことに気付いて苦笑しながら立ち上がった