シュタインズゲート スロット ボーナス察知

シュタインズゲート スロット ボーナス察知

いくら早く敵を察知したところで、逃げることが許されない現場など多くあった

一発の流れ弾で死ぬ様子から、人の命など紙切れ同然だと思ったこともある

あなたも好きかも:ゴッド・オブ・ワイルド・シー
 マストに陣取って狙撃をして命を奪っていた白井も同様だ

同じことをやられれば自分は死ぬのだと知っていた

どれほどの技術を磨いたところで、それが発揮されていても、死は常に隣にある

 だから、運に任せないための訓練をずっとしてきた

その一つが違和の察知だ

 違和感の所在を突き止めるのは必要だ

けれど、それはあとの行程であって、まずは気付くことが必要で、気付いたのならば足を止める

あなたも好きかも:スロット キュゥべえ
 ――なにが? ここは戦場ではない

トラップの類が張り巡らされているわけでも、後続部隊がするはずの補給に対し、断絶することを狙って襲撃を行っているわけでもないのだ

あなたも好きかも:コードギアス スロット 初代 音楽
足元を見て、頭上を見て、姿を隠すなんて常套は通じない

 つまり二人の沈黙は、可能性の列挙をするための思考時間だ

 白井は確証を得られず、推測で止まる

 ミルエナは確証を得ながらも、だからどうしたと止まってしまう

 無意識に伸びた手がテーブルを掻いた

何もない掌を見て、ああそうか、ここには煙草を置いていなかったのかとミルエナは思う