2008 スロット

2008 スロット

「やあ――と、……ふうむ」「どうかなさいましたか」 おそらく少女だろう幼さを残す声が途切れると、部屋の主なのだろう落ち着いた大人の女声がゆっくりと訊ねる

顔は見えずとも、いやだからこそか、そこに年齢という垣根を越えた会話が成立するのだろう

あなたも好きかも:ストラタス スロット 設置店
「……ああ、いや、すまないね

この場合は初めましてと言うべきかい? それとも君に合わせて、久しぶりと口にすべきか迷ってね」 澱みない少女の口調に苦笑の気配が漂う

「今ここでの出逢いが〝初めまして〟ですよ名もない娘さん

あなたも好きかも:新・必殺仕置人 パチンコ
そして私にとってのここが〝ようやく〟なのです」「そんなものか

あなたも好きかも:岩内 パチンコ マルハン
まあいいさ、話をしよう

僕はここで立ったまま、君はそこで座ったまま、お互いに近づこうともせずにただ言の葉を放ち合う

それらが結ぶ焦点は、さて、どこにあるんだろうね――」 その言葉には拒絶、あるいは境界線を引いて隔絶の意味合いを持たせながらも、しかし少女と女性との視線は決してお互いを見て外さない

「急ぎ足だなんて思われたくはないけれど、まずこれを訊いておこう

どうして僕を呼び出したりしたんだい?」「――貴女は私共のことに関してどの程度ご存知なのでしょうか、それをお聞かせ願えますか?」 頷きが二度、それは空気を揺らす結果となり雰囲気として示される

直立したまま腕を組んだ少女は己の知識に打診しながらも口を開いた

「未来に関する特性を持った魔術師

世界を二分する魔術結社の一つ、魔術師協会から与えられた二つ名は〈刻詠(リ・リーディング)〉、あるいはコクドクと行為そのものを指す場合もある」「……まるでカタログデータのようなお言葉ですね」「辛辣だね、いいさべつに構わないんだよ

この程度で君が誤魔化せるとも思っていないし、僕だとてこの説明を協会がした時には失笑したものさ