darker than black-黒の契約者- スロット

darker than black-黒の契約者- スロット

あなたも好きかも:パチスロ 解析 携帯 版
人も世界も!」「貴方はいつまでそんな独りよがりを続けるの?」「独りよがり?」「そう

独りよがり」 その意味深な言い方に、思わずクルシアは笑う

「ははっ! みんなそんなもんだろ? 自己満足のために生きてるでしょ?」「……そうかもね

だけどそれは虚しいことだってわからない?」「……」 まるで自分の心理状態を覗き見るかのような発言に、少し気に障ったのか、眼の奥に一瞬の殺意が目覚める

あなたも好きかも:2ch ブラウザ おすすめ
 だがそこに下から結界の光が昇ってくる

「――ディスペル・サークル!」「「!」」「マルキス! この結界内なら、これで奴の幻覚魔法を無効にできるはずだ!」 マジックロールを使い、ウィルクとの協力で幻覚魔法の無効魔法を展開

 ハイドラスは肉体型だが光属性、ウィルクは精神型ではあるが、魔法は治癒魔法以外厳しい

 しかしマジックロールは魔力さえあれば魔法の発動は可能

 より協力にするため、補い合ったのだ

 そしてそこには貢献できない代わりに、戦闘には混じれるとハーディスが空を蹴り、現れる

「アイシアさん、援護します

前衛がいない状態はキツいでしょう?」 クルシアは前衛後衛も熟せるオールラウンダー

 ポチに騎乗してのアイシアには不利だと考えるが、アイシアはニコリと笑顔で、「ありがと!」 そう答えるが、龍の神子、龍操士(ドラゴンライダー)としての本領を発揮することとなる

「いくよ! ポチっ!」 先程の会話を中断されたので、ポチの龍の息吹(ドラゴン・ブレス)を火蓋とし、戦闘の狼煙が上がる

「はっ! 悪いけど――」 クルシアはその攻撃をギュンと展望広場まで降り立ち回避すると、「ボクの狙いも、元よりこっちさ!」 バザガジールと共にアルビオを異世界の穴へ追いやろうとする

 ハーディスが気付き、向かおうとする

「くっ……!」「――スパイラル・ブレイズ!」 先に反応したのはアイシア

 今まで出来なかったはずの中級魔法の無詠唱を可能とした

 以前、ラビットフットを攻撃した際のものより、威力も速度も早く、アルビオを襲おうとした手前を遮るように炎の渦が襲いかかる