スロット 出玉スピード

スロット 出玉スピード

 私は顔を伏せたまま、ドアの方を向こうとした

 するとショウが私の肩にそっと手を置き、優しい笑顔で前に立った

「何言ってんだよ

ちゃんとトレーニングしただろ、俺達」 その意味が分からなかった私は、沈んだ顔のままショウを見上げる

 すると彼は口元を緩め、私の顔を指さした

あなたも好きかも:2のつく日 スロット 東京
「前言ったただろ

俺の父さんが、母さんを背負ったって」 思い出した

 苛酷な鍛錬を積んでいたショウのお父さんがやった、トレーニングの一つ

あなたも好きかも:麻雀 咲 パチンコ 甘
 でもそれはきっと山道を走りながらで、ただ私を背負って短い距離を歩いてくるのとは訳が違うと思う

 私はショウの手伝いではなく、ただ邪魔をしただけだ

 彼のお母さんとは違って……

「おかげで、俺も大分気が楽になったよ