名古屋 パチンコ

名古屋 パチンコ

あなたも好きかも:エピクロス パチスロ
その声が腹立たしく、優樹と双葉は「うぅー……」とうずくまったままで小さく唸った

「双葉ちゃーん、怪我してなぁいー?」 華音の問う声に、優樹は涙目を上げて双葉の足を確認した

――膝に擦り傷が……

 血が滲んでいるをそこを見て、優樹は頭を撫でつつ立ち上がってすぐに反町を目で探し、「流君っ」と呼んだ

彼は洋一たちとの話をやめて足早に近寄ってくるなり、優樹のワンピースを見下ろして顔をしかめた

「……どうした? ジュースでも溢した?」「ち、ちょっと……

あ、流君、怪我したみたいなの

あなたも好きかも:ドラクエ10 カジノ レイド 条件
……診てあげて」 不安そうに双葉に手を向けると、反町は背中を丸めておでこを押さえている双葉の膝に目を向け「ったく……」とため息を吐き、優樹に目を戻した

「シャワー浴びてきた方がいいよ」 優樹は「……うん」と頷き、まだうずくまっている双葉を見下ろして傍に腰を下ろした

「双葉ちゃん、怪我、消毒してもらってね」「すみません、ほんとにすみません」 双葉は半べそ気味に顔を上げて申し訳なさそうに何度も謝る

優樹は苦笑して「よしよし」と彼女の頭を撫でると、腰を上げ、反町に「……お願いね」と断ってペンションに入った

あなたも好きかも:アサヒ パチンコ 上福岡
 改めて部屋の明かりで自分を見ると――確かに酷い

双葉の持っていた飲み物に色が付いていたのだろう

真っ白だったワンピースが一部黄色に染まっている

 ……落ちるかな

……ま、いいか

 気にすることなく、二階に上がり、着替えを用意して傷口の包帯を外し取り、ガーゼの貼られたそこを庇いつつ部屋に完備されているシャワーを浴びる

十数分程してそこから出ると、濡れた髪をタオルドライしながら新しい洋服に着替え、「んーっ」と背伸びをしてバタッと近場のベッドに仰向けに倒れた

 ――誰もいない、静かな部屋の中