テーブルゲーム 無料 pc

テーブルゲーム 無料 pc

だが先ほどの小百合の説明だと無理矢理にその三つの機能を最大限に高めるものだと言っていた

もし三つの機能のどれかが欠けていたらどうなるのだろうか

「あ・・・あの・・・もし俺にその三つの素質がなかったら・・・どうなるんですか?」「ん?そりゃ最悪死ぬだろうな

」あっけらかんと言い放つその言葉に康太はぞっとした

この人は自分が死ぬことを想定したうえでこの釜に入れたのだという事だ

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天の拳 天帰 天授の儀
仮にも弟子になろうという人間にやらせることではない

あなたも好きかも:パチスロ ゾーン狙い
「な・・・なんつー事させるん・・・ですか・・・!俺死にたく・・・ないですよ!」何とか釜からでようとするのだが全身に走る痛みと痺れがそれを許してくれない

力を籠めようとするとさらに痛みと痺れが強くなり、釜から出るどころか湯から体を持ち上げる事すら困難になってしまっていた

「安心しろ、死ぬ可能性があるのは供給口と放出口のどちらかが欠けている場合だ・・・少なくともお前にその症状は見られない・・・お前の症状は現時点では魔術師の素質がある奴のそれだ」薄く微笑みながら運がよかったなと告げながら小百合は釜から徐々に距離を置いて近くにおいてある道具を片付け始める

魔術師としての素質がある、そんなことを言われても今のこの状況から抜け出すことは自分ではできなくなってしまっているのだ

このまま放置されるのは少々辛い

そして小百合が片づけを始めているのを確認すると同時に、康太は僅かに視界がぶれるのを感じていた