winタブ オンラインゲーム

winタブ オンラインゲーム

それで道が封鎖されていると」「それはまた面倒な話ね」「場合によっては僕らにもお声がかかるかな」「……えっと、どういうことっすか?」 五人で集まり話し合い

とはいっても、首都に向かう道が封鎖されている理由についてとその理由である悪霊の群体について、それも本当にただ話し合う程度のものだ

悪霊の群体に関しては彼らがこの街に来る前から問題となっており、街側で既に悪霊の群体への対応がされようとしている状況にある

公也たちはただその対応が成され悪霊の群体が倒されるのを待つだけである

まあ、倒されるという前提での話になるわけで、倒されない場合はまた別の問題になるのだが

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット 熱い演出
「僕らは魔法使いだからね」「魔法が霊体のアンデッドに有効的なのはロムニルが話したと思うけど、そもそも霊体のアンデッドは魔法使いの魔法の力を借りないとまともに対抗することはできないの

もちろん冒険者の力を借りるのもありだけど、それでもやはり魔法を使えなければならないという前提はあるわ」「魔法使いは魔法の才能がなければならない、国の所属の魔法を使える人間だ

あなたも好きかも:ブラックジャック パロディ
だからこそ軍隊に近い役割を担うこともある」「面倒だよねえ

僕は研究だけをしていたいんだけど」「その代わり研究成果が揮わなくてもお給料がもらえるんだから文句言わないの」「まあ、今回は今の所は俺たち……いや、ロムニルたちが要求されることはないと思うが」「そうだね

僕らが来る前に既に悪霊に対する手立ては準備したようだ

とはいえ、急に僕らを頼る……ということもないとは言わないけど」「連絡が行ったとしても、急すぎるから恐らくはないわね

私たちがどれくらいの魔法使いかは問い合わせないとわからないし」「っていうかその問い合わせを行う首都への道が封鎖されているんじゃないのか?」「そうだよ」「そうね」 つまりロムニルたちの実力が不明であり、悪霊に対抗するための魔法使いとしてどの程度使えるかわからない

あなたも好きかも:パチンコ 徒歩圏内
もちろん魔法使いである以上使い道はあるが、むざむざ犠牲にするようなことはしたくない

現状悪霊の群体に対応するための人員は冒険者と冒険者で魔法を使えるもの、というのが現状だ

まあそこまでの情報を彼らは集めることができていないが