スロットマシン 原理

スロットマシン 原理

「な……なんなのよ、コレは」「何が言いたいんだ?」「……注意しろ、って……言われても……」「それより、なんでこいつはこんなコトをして来るんだよーっ?」 「――会ってみる?」とは誰も言わない

「お、お祓いするかっ? お祓いっ

こいつに呪われてるのかも知れないっ! こいつ、キツネかもっ! お稲荷さんだっ!! 怒らすと怖いんだっ!!」 腕を抱いて怯える白川が訳のわからないことを口走るが、誰も相手にはしなかった

あなたも好きかも:遊戯王 スロット
「……どうするのよ、コレ……」 生美が依頼書に軽く視線を向けて訊くと、洋一は「どうする、って……?」と、困惑げに言葉を切った

「優樹せんぱーい!! 今日こそは二人っきりで帰ろーっ!!」 バーンッ! と、ノックもなしにドアが開いて相川が笑顔で飛び込んで来て、それを振り返った立花は、呆れるように大きくため息を吐いた

あなたも好きかも:パチンコ 新台 ガンダムseed
「……おまえも懲りないヤツだな」 相川は立花を無視してドアを閉めると、ニコニコ顔で優樹に近寄るべく足を踏み出した

あなたも好きかも:パチンコ きくり おやじ
だが、「ストップ」と、生美に声を掛けられ、素直に足を止めてキョトンと立ち尽くした

 椅子を立った生美は、首を傾げる相川に近寄ると、制服の上着を掴み、グイッと引っ張り上げた

「なっ……

オレには優樹先輩が!!」 突然のその行為に相川は顔を真っ赤にして誤解したが、みんなは、ギョッ! と、目を見開いた

 ――制服の下に赤いトレーナーっ!! 生美は目を据わらせて、ウロたえる相川の鼻先を指差した

「あんたは今日一日、疫病神決定」「……はっ?」 相川は顔をしかめた

「なんなんだ!?」 ――みんなで帰路に就く途中の校庭

 相川は、ずっと誰一人として近寄ってくれないことに、ムカッと眉をつり上げた

「たかが紙切れじゃん!! あんなの信じるなんて、どーかしてるぞ!?」「おまえはその恐怖を知らないからだ」 と、白川が冷ややかに横目を向ける

 洋一は鞄を持ち直しながらため息を吐き、ムスッと頬を膨らませる相川に目を向けた

「けど、相川が一体、何をやってくれるってぇんだろうな?」「こいつならいっぱいやってくれることあるじゃんかー」と、白川が目を据わらせて相川を指差し、「とりあえず、優樹には近付けないようにしないとね」と、生美が優樹の隣りに寄り添ってガードする