ガルパン スロット 一撃

ガルパン スロット 一撃

 ログナー家を取り巻く状況は、日に日に悪くなっている

あなたも好きかも:パチンコ 賭博 国会
 ログナー家は、元々、ガンディアの貴族ではない

ログナーという小国の支配者であり、王家、王族として栄華の中にあった家だった

それが、ザルワーンとの戦争に敗れて実権を失ったのが五年前であり、それ以来ザルワーンの傀儡だった

約三ヶ月前、アスタル=ラナディースが反乱を起こしたことで、傀儡の座から脱却したものの、直後に起きたガンディアとの戦争に敗れたことで、国そのものが消滅した

あなたも好きかも:パチンコ ライター しんのすけ
国土のほとんどがガンディアのものとなり、国民の大半もまた、ガンディアに帰属した

ログナー王家も、ガンディアの貴族と成り果てた

 それ自体は問題ではない

敗者は勝者に従う

戦国乱世では当たり前のことだ

あなたも好きかも:ラグランジェ スロット アプリ
ログナーが勝っていれば、立場は逆転していたのだ

それだけのことに過ぎない

いや、むしろ、ログナー王家が貴族として存続するなど、普通では考えられないことだった

いくらログナー人民を撫すためとはいえ、反逆の火種を抱えることになりかねない

通常ならば、王家の血筋など根絶やしにするべきだろう

 そういう議論が、いままさに巻き起こっているというのは、皮肉にすらならないが

 ログナー家はガンディアの貴族に組み込まれたが、それは、ガンディアに帰属したログナー人の反発心を少しでも抑えるためであり、ガンディアによるログナー方面の平定を速やかに行うためだった