まどマギ パチンコ 注目

まどマギ パチンコ 注目

彼らはボディアーマーや古めかしい金属製の防具で身を守っていたが、中国製の5.8mm弾は小口径の弾丸の中でも貫通力に特化した弾丸だ

「ギャアッ!」「うわぁっ!!」「あ、足が…………ッ!」 警備兵たちを行動不能にしてから、どんどん奥へと進んでいく

 保管されているのは古代文字の研究や遺跡の研究を行っている場所だろう

あなたも好きかも:ケリー 基準 カジノ
エリクサーの調合や、禍々しい人体実験をやっているような場所にはおかれていない筈だ

 研究室の扉の向こうから覗く解剖された魔物の死体や、転生者と思われる少年の死体を一瞥して顔をしかめながら、俺は遺跡の研究をしている研究室を探した

 どうやらその研究は、一番奥にある少し大きめの研究室の中で行われているらしい

研究室のプレートを見た俺は、この中に鍵があるに違いないと判断し、研究室の扉を突き破る

 その直後、研究室の中から放たれた弾丸の群れのうちの1発が、ライフルを構えようとしていた左肩を貫いた

「ッ!?」 くそ、待ち伏せか

「―――――――侵入者ですね

あなたも好きかも:カジノ 必要性
鍵は渡さないのです」 聞こえてきたのは、フィオナよりも幼い少女の声

 確か共同作戦の際に作戦会議に参加していた、あの小柄なサキュバスの少女の声だ

あなたも好きかも:バリバリ伝説 スロット
 咄嗟に飛び込んだ机の影から顔を出すと、やはり銀髪の小名ない少女が、2本の銃身と2つのマガジンが特徴的なイタリア製機関銃の『ビラール・ペロサM1915』を構え、銃口をこちらへと向けていた

 どうやら、今度は彼女を倒さなければならないらしい

 こっちに機関銃を向けている幼女を睨みつけながら、俺は03式自動歩槍のセレクターレバーをフルオートに切り替えるのだった

それでは皆さん、良いお年を!

左肩の傷口を見て、今しがたあのサキュバスの幼女が放った弾丸が本来のビラール・ペロサM1915から発射できる9×19mmグリセンティ弾ではなく、遥かに強力な7.62×39mm弾に変更されていることを悟った

 傷口から溢れ出た鮮血の臭いが、幼女の手にしている物騒な機関銃から漏れ出す火薬の臭いと共に鼻孔へと流れ込んでくる