ワロス パチスロ

ワロス パチスロ

 依頼の場所である南校舎四階の特別教室に着くと、加奈が「私にやらせて」と、先頭に立って視聴覚室をノックした

「学園奉仕屋でーす

依頼で来ましたー」 愛想よく告げてドアを開けると、黒いカーテンを閉め切った薄暗い室内から独特の匂いがツンと鼻を突き、三人は足を踏み入れることなく覗き込んだ

「あ、どうもっ! すみません!」 天井から下げているホワイトスクリーンに向かってフィルムを流していた少年は、一旦機械を止めてから三人に駆け寄り、手前で足を止めてぎこちない笑顔で会釈した

「僕が、依頼した一年の手塚《てづか》です」「初めまして

学園奉仕屋の鈴木と申します

がんばりますのでよろしくお願いいたします」 ペコリと礼儀正しく挨拶をされ、手塚は「こ、こちらこそっ」と、焦りを露わに改めて深く頭を下げる

二人の様子に、斜め後ろから窺っていた優樹は少し笑った

あなたも好きかも:シンボリクリスエス スロット シナリオ
「それで……フィルムの映像チェックってことですけど」 加奈が顔を上げて早速切り出すと、手塚は「あ……、はい」と少し目を泳がせ、引き攣った笑みで三人を見回した

「あの……、依頼の最後に、男子に来て欲しいって書いておいたんですけど……」 見てもらえなかったですか? と言わんばかりの遠慮した目に、優樹と立花は顔を見合わせてスマートフォンを取り出し内容を確認しようとするが、その前に加奈が「はい」と頷いていた

「見ました

あなたも好きかも:化 物語 スロット bgm
だから、ほら」 と、後ろにいる立花に気配を向ける加奈に、手塚は「……はは」とぎこちなく笑った

あなたも好きかも:年末年始 パチンコ 負け
「いえ……、そうじゃなくて……」 笑顔の加奈を直視出来ずに目を泳がせると、顔をしかめて首を傾げている立花を気まずく見上げて頬を引き攣らせて笑った

「あのォ……、女子はマズイです」 必至で笑みを浮かべながらも目が何かを訴えている――

 優樹と加奈が「なんのこと?」と立花を振り返り見上げた、その瞬間を見逃すことなく、手塚は声に出さずに「フィルムにAVがっ!!」と口を動かして焦り伝えた

 なるほど

それでは確かに女子はまずい

 ようやく状況を把握した立花は、首を傾げて答えを待つ優樹と加奈をため息混じりに見下ろして部室の方へ顎をしゃくった