アベンジャーズ スロット ゾーン

アベンジャーズ スロット ゾーン

あなたも好きかも:スロット 導入カレンダー
「……なんだったのかしら、あの、お昼の騒動」「さあな

ゴキブリが大量発生したって話しは聞いたけど」「マジか!? っうー! 嫌いだゴキー!!」 放課後になり、みんなで集まった部室――

今日は優樹以外、誰も欠けることなく集まった

「それよりも、優樹は大丈夫やったんか?」 一平が病院に向かう用意をしながら訝しげに聞くと、洋一は「ははは……」とぎこちなく笑った

あなたも好きかも:ポーカー 勝率 計算
「ま、まあ……たぶん大丈夫だ

明日、ちょっと話をするし」「話って?」 生美が首を傾げると、洋一は「ははははぁ」とわざとらしく笑ってその場を濁そうとした

あなたも好きかも:オンラインカジノ ルール
「優樹が二股をしているかも?」、なんてことはまだ言えない

生美は誤魔化す洋一に顔をしかめ、問い詰めようとしたが、「コンコンコンッ!!」と強くドアノックが鳴り振り返った

「はーい」と加奈が愛想良く返事をするとすぐにドアが開いて、そこから半べそ気味の女子と男子がなだれ込むように入ってきた

「奉仕屋さん!! 助けてください!!」 突然切り出されてもなんのことかわからず、みんなは「……、は?」と顔をしかめる

そんな彼らに、二人は焦り身を乗り出した

「図書部員です!!」「ひ、昼間いたずらがあって……!!」 「……いたずら?」と、立花は繰り返して顔をしかめた

――どうしてもその単語には過剰反応してしまう

「ゴキブリをバラ蒔かれて! 地下に向かう階段に鳥もちも撒かれるし!!」「みんなが逃げ回って、本もバラバラになって! もうめちゃくちゃです!! 片付けるのを手伝ってくださいー!!」 急を要するのか、必死な顔で願う二人にみんなは顔を見合わせた

 だがその時――「なんで片付けを手伝わなくちゃいけないの?」 不快げな声が室内に届き、奉仕屋部員、そして図書部員の二人は「えっ?」とドアの外に目を向けた