チャーミング・クイーンズ

チャーミング・クイーンズ

 実家の敷地に一人、足を踏み入れた瞬間に感じる水気に口元が緩む

気配は――道場に一人、母屋にいくつかある

それよりも前に、だ

あなたも好きかも:ライオンズ パチンコ 閉店
「っと、ただいま百眼(ひゃくがん)様」 少し声を上げて、庭池にあるやや大きめの岩で片あぐらをして酒瓶を片手にしている女性の天魔に対し、挨拶をする

彼女の存在は前提として曖昧だが、誰だコイツみたいな表情をした後におおと、頷いてから片手を振った

「方然(そのほう)小僧確娘是定(たしかむすめの)――」 妖魔の言葉で放たれたそれを意訳すれば、確か小僧の娘だったかの、といった感じになるだろうことは理解できたが、頷いて応えようと思った矢先に彼女は、ん、と短い吐息を落として言葉を変えた

「なんじゃ儂の言葉が聞こえるようじゃの

ならばこちらの話し方で良かろう」「完璧に忘れてたわよね私のこと……」「クック、そう睨むでない

あなたも好きかも:ガーデン スロット 西条
小僧の倅でもまだ短いのじゃから当然だの

どこへ行っておった」「イギリス

用事があって来たから顔を見せておこうと思ったのよ

ちなみに私は、前から百眼様のことは見えてたわよ? どう対応していいかわかんなかっただけで」「なんだ、小僧の倅よりも相性が良い――割に、お主はまた違う道に走ったの」「やっぱわかる? ……なんかね、まあ、私みたいなのも必要になるっぽいのよ

こっから先はね」「面倒なら止めてしまえばよかろう」「それが思いのほか楽しくって、どうしようねえ……」「ククッ、先見の明がある故に現状への猜疑心を抱きながらも、個人的な感情は別か

あなたも好きかも:ゼーガペイン 評価 スロット
お主は典型的な策士よの」「やめてよ、そんなんじゃないって

どっちかっていうと部外者に近いよ」「まだ若いじゃろう、立場など得るもので早早に決めるものではあるまい

ほれ、飲むか?」「ありがと」 一升瓶を受け取って一口、すぐに返す

「さすが、上等な日本酒飲んでるじゃん」「若いのにお主、いける口じゃの」「そりゃカクテルやらバーボンやらビールやら、あっちは結構あったのよ