千葉県 パチンコ ファン感謝デー

千葉県 パチンコ ファン感謝デー

「同志団長、ご無事でしたか!」 俺たちを包み込んでいた紅い光から躍り出た途端、目の前からスペツナズの隊員たちの声が聞こえてきた

リディアやホムンクルスの群れと戦っていた彼らも、どうやら無事に転移して撤退する事ができたらしい

 安堵しつつ、彼らを見据える

 天空都市ネイリンゲンへと突入したスペツナズの隊員たちは、ホムンクルスの返り血と思われるピンク色の液体で汚れていたけれど、負傷している兵士は1人もいないようだった

さすがスペツナズの中でも一番練度の高いアクーラチームだ、と思いつつ周囲を見渡した俺は、すぐ近くに屹立している崩れかけの建物を見上げて目を見開いた

あなたも好きかも:パチンコ 台 買取
 どうやら俺たちは、かつてネイリンゲンの郊外に建っていたモリガンの本部の前に転移させられたらしい

 その屋敷の門の前に――――――――真っ白なワンピースに身を包んだ白髪の幼い少女が、ふわふわと浮遊していた

『みなさん、ご無事でしたか』「フィオナちゃん…………」 天秤の鍵を奪還するためにモリガン・カンパニー本社へと潜入した際、俺とラウラは彼女が憑依した近代化改修型のT-35と交戦することになった

あなたも好きかも:ヒーローズ・ハント
最終的にT-35を撃破することに成功したのだが、撃破された戦車に憑依していたフィオナちゃんは無事だったらしい

 撃破される寸前に脱出したのだろうか

それとも、彼女は幽霊だから憑依している兵器が撃破されても問題はないのだろうか

 というか、フィオナちゃんはなぜ俺たちを助けてくれたのだろうか

「助かったわ

ありがとう、フィオナちゃん」『間に合ってよかったです』 そう言いながらフィオナちゃんは微笑んだけれど―――――――アクーラチームの隊員たちの傍らに横たわっている母さんの遺体と、ラウラが持っているリディアの日本刀を見下ろしたフィオナちゃんは、微笑もうと足掻きながら唇を噛み締めた

 ラウラがアクーラチームの所へと運んでくれた母さんの遺体に歩み寄り、そっと口元に付着している血を拭き取る

 かつてレリエルと戦った親父も、レリエルの汚染された魔力によって回復する事ができず、そのまま命を落としてしまったという

その戦いを見届けていたガルゴニスはきっと悔しかったことだろう

自分の大切な仲間が同じ死に方をしたというのに、何もできなかったのだから