セイクリッドセブン スロット 天井期待値

セイクリッドセブン スロット 天井期待値

三百枚の小説を苦労して書き上げたとしたら、なおのこともったいないのです

 書き手は、一度小説を読み始めてもらったら最後の「完」「了」が出るまで読み手を現実に引き戻してはなりません

「一気に読ませてやる」くらいの気構えが必要です

 そのためにも、矢継ぎ早に出来事を起こしてはそれに対処させましょう

入れ子や畳みかけ 現実社会ではある出来事(イベント)に対処している最中に新たな異なる出来事(イベント)が湧いてくるものですから、出来事(イベント)の泉は尽きません

 この場合は優先順位をつけて、対処漏れがないように気を配る必要があります

対処漏れしたら読者は消化不良を起こしてしまいます

 超長編小説であれば、次巻以降への伏線とすることもできますが、初心者の書き手は最初から超長編小説など書くべきではありません

短編小説を書きまくるか、長編小説を一本きっちりと書き上げるかに専念してください

あなたも好きかも:最近 の パチスロ 勝て ない
 そうやって出来事がきちんと対処してあるかを頭で整理しながら物語を進めていくのです

あなたも好きかも:キング ゴールド
 逆から考えると、対処させるつもりのない出来事(イベント)は小説内に出さないでください

そういう出来事(イベント)が書かれていると「だからどうなるの」と読み手は思ってしまいます

超長編小説であれば「いずれかの巻で対処されるのかな」と「伏線とその回収」という機能を想定できるのです

 でもせいぜい三百枚の小説では「せっかく伏線を張ったのにまったく回収されなかった」では「支離滅裂」と判断される可能性が高いのです

原稿用紙の枚数が決まっている以上、穴埋めのために伏線を大量に張って読み手を煽る手口もなくはない

でも読み終えたときにモヤモヤが残ります

 このモヤモヤが計算尽くであればいいのですが、たいていは「回収するつもりがなかった」ことが多いのです

回収しないのならそもそも文章で記して伏線を張る必要はありません

書かずにバッサリと切り捨てるべきです