スロット 負けすぎ

スロット 負けすぎ

パンタクローもミチカミを念力で浮き上がらせついてきた

港から町へと小走りで、移動してパンタクローがミチカミを念力で高所に浮かべてしばらく町の全貌を眺めさせる

そして彼を地面へと降ろして「どの辺りに、お気に入りの建物があったか 教えてくれるか?」ミチカミは町の北側を指差したのでパンタクローが即座にミチカミを念力で身体を持ち上げそちらの方向へと進みだした

残りの全員も続く

セイはふて腐れてやる気がないので俺に手を引かれている

あなたも好きかも:3のつく日 スロット イベント 神奈川
「もういいだろー?帰らないかー? 骨砕いたんだろー終わったんじゃないのかー?」一秒でも早く、浮世絵の買い付けに行きたがっているセイの言葉をスルーしながら石造りの住宅が並ぶ、狭い路地へと入っていく

パンタクローが彼の頭上に浮かせているミチカミに「どっちだ?」とさらに尋ね、ミチカミが路地のさらに奥を指し示して進んでいく

行き止まりに並んだ左右の家の右側をミチカミが指し示したので鍵のかかっていない扉を開き、全員で中へと入り込む

内部はよく清掃されていて、清潔だ

あなたも好きかも:パチンコ garo 月虹ノ旅人 打ち方
家具などが、帰らぬ家の主人を待って居るかのように整然と並んでいる

俺は背負っていたリュックを降ろして「今のうちに家の周りに窓や扉の鍵を閉めよう」と仲間に告げて、一緒に雨戸などを閉めて回る

カーペットが敷き詰められたリビングの外の、港と海が見える窓だけはまだ日があるので開いておいて、ようやく一息つく

ミチカミがペタペタと家の中を歩き回りセイは床に座り込んで頬を膨らませながら「なんで泊まる必要あるんだー

もう終わったんだから 黒い飛行機まで帰ればいいだろー」と文句を言っている

モモカが「セイ様、終わっていません」と断言する

窓際から景色を眺めていたパンタクローが振り返って「なんで分かるんだ?いや、確かに骨を壊してもゾンビたちに 変化はなかったが、なんでそう、はっきりと断言まで出来る?」サングラス越しに彼女を見つめる