パチンコ リール音

パチンコ リール音

そう考えると文が発動するために覚えるのが一番である

「覚えてから実用的になるまでどれくらいかかる?」「今から師匠のところに行って・・・そうね・・・相性にもよるけど・・・一日頂戴

それで何とかものにして見せるわ」魔術の訓練とは一日二日程度で何とかなるものではない

だが粗削りではあっても、大まかな発動くらいはできるようになる

あなたも好きかも:ファンタジー パチンコ
発動率も低いし、精度もかなり落ちるかもしれないが捜索中は集中力を高めることだってできるのだ

文ならば魔術を覚えて一日でもある程度使えるまでには至れるだろうと康太は考えていた

日曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「なるほど・・・なかなか面倒なことを頼まれたな・・・まさかお前が人質救出とは・・・しかも被害者は一般人・・・考えるだけで嫌になる」康太はその日の夜、文と別れてから小百合の店にやってきていた

これから自分がやろうとしていることに対して一応報告しておこうと考えたのである

「ばれないように相手を倒すっていうのはやっぱり難しいですか?」「倒す相手が魔術師であれば別に難しいことはない

その中学生がどんな状態で放置されているかはわからんが、少なくとも見張りはいるだろう

それを倒した後でその中学生を気絶させればいいだけの話だ

あるいは見張りをおびき寄せた後で助け出すというのもある」「ふむふむ・・・師匠ってこういうこと何度かやったことあるんですか?」「・・・こういうのは私よりも真理のほうが詳しいだろう

あいつはそういうことをちょくちょくやっていたからな」「師匠はやったことないんですか?」「あるにはあるが・・・全員気絶させてから警察に放り込んだだけだ

大したことはしていない」隠すつもりが全くない救出劇に康太はあきれてしまっていた

警察からすればいきなり気絶した人間が警察署内に放置されていたということになる