黄門ちゃま パチンコ 歴代

黄門ちゃま パチンコ 歴代

その工房の壁に、何やら怪しい枠がはめこまれており、枠の内側は光が歪んだ怪しい空間となっていた

あなたも好きかも:一騎当千 パチンコ pc
いかにも転移のためのゲートって感じだ

『魔法を極めた主人公が作りだした、世界中に点在する試練の迷宮へとつながる転移門です』 その転移門には1から99までの数字が振られたダイヤルがつけられており、今は『1』に合わされている

 そして、ダイヤルの下にパネルが存在し、そこには『入門者の迷宮』と書かれていた

 その文字を注視すると、目の前に説明画面が開いた

あなたも好きかも:バカラ パパタンブラー
「ええと、全五階の最も簡単な試練の迷宮で、特別なルールは何一つないオーソドックスな迷宮になっている、と

服以外の持ち物の持ちこみは不可」『いわゆるチュートリアル迷宮ですね』 そんなヒスイさんの補足のコメントが聞こえる

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳天井
『全五階か』『楽勝やん?』『まさかこれで死ぬとは言わないよな?』『死んだら恥』「……ローグライクよく知らんから、なんとも言えん」 まあ、ここでうだうだとしていても、しょうがない

さっさとチュートリアルをクリアしにいくこととしよう

 俺は転移門の枠内の歪んだ空間に気合いを入れて飛びこんだ

 すると、一瞬の浮遊感を感じ、俺は石造りの迷宮に辿り着いていた

『よく来てくれたね、ヨシムネ

『入門者の迷宮』へ、ようこそ』 そんな男とも女とも判別のつかない不思議な声が、どこからともなく聞こえてきた

 前置きなしにいきなりの開始のようだ

視界の下方には、ステータスが表示されている

 階層:1 HP:12(12) 攻撃:16(16) 防御:5 レベル:1/0 Gold:0 ふうむ、簡素だな

RPGにありがちな、DEXだのLUKだのといった、細かいステータス値はないようだ

 俺は周囲を見回し、今の状況を確認する

 石造りの床は、1メートルほどの幅で線が引かれた正方形のマス目状になっている