パチンコ 島田

パチンコ 島田

香水を買ったくらいで大きな顔は出来ないな、と思った

あなたも好きかも:パチスロ イベント規制
「今度、服でも買いな

あいつの宿題に合うようなやつをさ

あなたも好きかも:パチスロ 12月 回収
なあ、トビアもそう思うだろ?」 急に話を振られたトビアは、慌てて大道芸人の踊りから視線を戻した

「え、あ、はいっ

そう思いますっ」「だってさ」「無理やり言わせましたね……でも、そうですね

確かに服は大切ですし、今度市場が出来た時に見てみようかな」「そうしな

あたしも付き合って……いや、イスラに付き合ってもらったらどうだい?」「な、なんでそうなるんですかっ!」「必然だろ? それくらい押していかなきゃ、あいつの気は引けないって」「その話は今度しましょう! 次、次行きますよ!」 耳たぶを真っ赤にしながらカナンは手を叩いた

ペトラとしてはもう少しからかっていたかったのだが、カナンは二人をおいてずんずんと歩き始めている

「次ったって、今日は終わりだろ? 帰ってやることがあるんじゃないのかい?」「一つ、行きたい場所があるんです

もしかしたら仕事が見つかるかもしれません

それに、二人ともきっとびっくりしますよ」 そんなカナンの言葉に、ペトラとトビアは顔を見合わせた

デメテリオの下を辞し、軽く昼食を摂ってから、カナンは二人を図書館へと案内した

「う、わあ……」扉を開けて中に入った瞬間、トビアは目の前に広がる光景に感嘆の声を上げた

 大理石で造られた荘重な空間に人間の背丈よりもずっと高い本棚がいくつも並べられている

いずれの本棚も満杯になっていて、色とりどりの本の背表紙が納められていた

ドーム状の天井には世界《ツァラハト》を現した大きな白い皿が描かれ、その中には海や山、森が詰め込まれている