ブラックジャック 差別

ブラックジャック 差別

「確かあの辺にしかない生息していない薬草があったな」「依頼内容を確認してもらったところ、二、三日は掛かるようです

せっかくですし――」「そうだな

二日三日くらいなら待つか

彼らから得られる情報といっても――」 ハーディスの言おうとしたことを察したハイドラスはキリッとしたキメ顔で言い放つが、「殿下……」「な、なんだ……?」「ファミア様にたまにはこちらからお会いになりましょうよ」 ハイドラスの相変わらずの苦手意識にため息が零れる

「馬鹿を言うな

あなたも好きかも:千葉北 ぱちんこ
今がどんな時だかわかっているだろう? 安易に王都を離れるわけにはいかないだろっ!」「いやいや殿下

あなたも好きかも:マルハン横浜町田 データ パチンコ
さっきガッツリ離れてましたよ!?」「お兄様……」 普段のハイドラスは尊敬しているメルティアナだが、ファミアに対し、ここまで苦手意識を持つ兄には呆れ果てる

 その周りの視線が何を意味しているのかは理解できているハイドラスは、あのデコボコパーティーに文句を垂れる

「まったく……よりにもよってラージフェルシアとは

困ったものだ」「我々としては別に何も困っていません

むしろ殿下にはファミア様とより良い関係を築かれてくれた方が有難いです」「そうですよ! お兄様! ファミアお姉様はとっても素敵な女性なんだから……」 可愛い妹にそう言われても、ファミアの腹黒さには慣れるはずもない

「というか殿下

口では嫌がってますが、割とお似合いですよ」「お前の目は節穴か、ウィルク

そう見えるのはあの女が私を上手く尻に敷いているからだ」「またお兄様はそんな言い方をして! ファミアお姉様の気持ちを考えましたか?」 そう聞かれて浮かんだのは、ほくそ笑みながら何かを企む視線を向けられるという光景

「……私をどう虐めるのが楽しいか、とか?」「殿下……」 中々小さい頃からのイメージが払拭されていないようだ

「ファミア様はあの後のことも気にしておられました

彼らの件に報告もあるのです

一度連絡を取り、赴きましょう?」 南大陸についての詳しい概要は説明してないが、文書で解決したことは報告している

 だがファミアは首を突っ込んだのだからと、押しかけて来られそうだ