ブラックジャック ソフトハンド

ブラックジャック ソフトハンド

若干、居心地が悪いな……なんか想像してしまいそうで……

「そういえば、試作品を使用されてて気になった点はありましたか?」「えっと…少し窮屈だったのと……腰のライン……あ、ここが擦れて、ちょっと痛かったですね」「ああ……うわっ、皮めくれちゃってますね」 えっ⁉︎ 二人の会話に、俺は長椅子を立ち上がりかけ、ハインは動きを止めた

 まさかサヤが怪我をしていたとは思わなかったのだ

いつもにこやかに、笑顔でいたから……

「これ、サヤさんより小柄な方のものだったから……やっぱり擦れちゃったんですね……」「このくらいなら、大丈夫です

あと、やっぱり毎日使うと代えが必要かな……

洗いにくいです」「毎日……やっぱりそうなりますよね……

あなたも好きかも:スロット まどマギ 穢れ セリフ
男装休憩の日があるのか、叔父も心配してたんですけど……」 男装休憩?「今、異母様たちが滞在されてますし、農作業も、これからは土木作業もありますから……

 当面休憩はないかなと

そんな生活になるのは充分理解してますから、大丈夫ですよ」 サヤとルーシーの会話を聞きながら、俺とハインはサヤに無理をさせていたことに改めて気付き、溜息を吐いた

 彼女は何も言わなかった

あなたも好きかも:畝刈 パチンコ
だけど、それは理由にはならない

あなたも好きかも:スロット マキバオー2 天井
サヤが頑張る子なのは分かっていたことだからだ

 更に、男装という、通常ではあり得ない状態で生活をするのは、当然何か、しわ寄せがあるのだと、理解しておくべきだった

ギルが体に合わないものを身につけることを、あれだけ怒っていたのも、こういうことだったかと今更ながら実感した

「今……農作業なんかも手伝ってらっしゃるんですか?」「はい

収穫は終わったので、脱穀真っ最中です

 でも、これも私たちが帰る頃には終わってそうだから……次は川の補強ですね」「ほぼ肉体労働なんですね……従者なのに……」「従者見習いです